合気道HPの見るポイント

HPだけを見て、自分に合う道場かどうかを見分けることは難しいですが、中には怪しい道場もあるので、合気道に限らずそれを見分けるポイントを載せました。

 

 

 

まずはネットで検索&比較

今は多くの道場で、HPを持っていたりするので、「地域名+合気道」などで検索し探してみて下さい。そうすればいくつかの道場が見つかると思います。

 

それらを比較すれば、全ては分からないにしろ、料金、時間帯、場所、参加者、目的など、なんとなく違いが分かってくると思います。

 

 

 

月会費(月謝)は?

主に入会金、月会費、スポーツ保険がかかったりしますが、例えば月会費は2000円程度~1万円程度と様々です。

 

1万円程度の所は、主に専用の道場を持ちプロとして教えている所で、週に通う回数でも、値段が変わったりします。

 

北海道では専用の道場を持って、合気道を教えている所は余りありませんが、カルチャー教室などでは、4000円程度です。

 

プロとして教えている所は、責任持って教えてくれるとは思いますが、安いからダメとも、高いから必ずいいとも言えないので、総合的な判断になると思います。

 

 

 

場所が遠い

出来れば通いやすい所に、いい道場があればいいですが、本当にいい道場が近くにある事は稀です。また田舎の方であれば、合気道の道場が無かったりもします。

 

本当であれば遠くであっても、また週に一回でも優れた先生の所に通うといいのですが、そこまでするのは難しいことでもあると思うので、まずは近場で探して通ってみるといいでしょう。

 

 

 

ブログなどが書かれている

年配の先生であれば、余りやられていませんが、比較的若い先生であると、ブログやHPを更新されていたりします。そうした先生は、勉強や指導も熱心だったりします。

 

また何年もHPが更新されていないものもあり、現在の道場とは指導者、道場生、人数、雰囲気なども、全く変わっていることもあります。

 

更新されていないから悪いとは限りませんが、HPのイメージで行ってみたら全然違ったということもあるので、頭の隅に入れておくといいです。

 

 

イメージに注意

一般的にHPは、イメージが重要視されますが、イメージで選ぶことは要注意です。

 

本来ならば色々行ってみて、自分に合う所を選べばいいですが、それよりも最初に気になった所に行ってみて、そこが良さそうであれば合気道を習い、逆に合わないようであれば、違う所を探すのではなく、合気道をやらないというケースが多いと思います。

 

もしそうするのであれば、写真や画像、キャッチコピーといった、イメージだけで選ぶと失敗するので、そうしたことに惑わされず、中身をよく読み調べて選ぶといいです。

 

 HPとしては大変きれいに作られていても、内容はどこかからの借り物で、中身が殆どないものもあります。

 

 

 

道場生の写真が掲載されている

道場生の写真を載せる場合、通常は個人が特定できない様、会員制パスワードでしか見れなくするなどしますが、そうしたこともなく、また無許可で顔写真を載せている所もあります。

 

多くの会員を集めようとしている道場かもしれません。

 

 

 

管理人が作ったHP

年配の先生であれば、HPを作れないので、道場生が替わりにHPを制作し、管理運営していたりします。

 

その際、余り多くはありませんが、文責が誰にあるかを示さず、自分の考えを、あたかも道場長の教えであるかのように載せているサイトもあります。

 

そうした所は少し怪しいです。

 

 

 

何かを強調している

よく読むと必要以上に、また不自然に何かを強調しているものがあるとすれば、それは怪しかったりもします。

 

例えば仲良さを殊更アピールしていたとすれば、少し不自然ですが、そうすると実際には仲良くはない可能性が高いです。

 

武道でよくあるのが、正統派などを主張することですが、系統を示したとしても、殊更それを強調している所は、その権威にすがっていたり、他の流派から正統と思われていないから、正統を強調していたりします。

 

そうしたようによく読んでみて、不必要に何かをアピールをしていたとすれば、それは逆である可能性が高いので、注意が必要です。