「生長の家」の教祖・大谷雅春は、出口王仁三郎の下で仕えていたが、あるとき出口王仁三郎の話に納得がいかなくなり、「大本」を離れ、「生長の家」を立ち上げた。

 

緑龍会 

 

紅卍会

 

ヒトラー ナチス

 

大本教は日本の中心、皇室始祖鳥の下部組織

 

三五教

 

 武田崇元 孫である出口和明の娘と結婚

 

 

妙見(ミョウケン)信仰とは、一般には仏教でいう北辰妙見菩薩(ホクシンミョウケンボサツ)に対する信仰をいうが、その原姿は、道教における星辰信仰、特に北極星・北斗七星に対する信仰である。

 

北斗七星は、おおぐま座の腰から尻尾を構成する7つの明るい恒星で象られる星列のこと。

 

おおぐま座(大熊座、Ursa Major)は、北天の星座で、トレミーの48星座の1つ

 

「新潟県旗」、「GEのロゴマーク」、「北海道」の道旗

 

「7」という数字を二進法で書くと「111」になる。