合気道と力

合気道に力はいらないのか?

合気道は力を使わないと言われています。確かに合気道の技は、一般的な力を必要としません。しかしだからと言って、力は本当に必要ないのでしょうか?

 

例えば力を使わないと言っても、力がある人、また元々力があった人が「力を使わない」と言うのと、力がない人が「力を使わない」と言うのは、同じではありません

 

開祖自身元々は大変な力を持っていましたし、晩年でも衰えても普通の人以上の力を持っていました。

 

また真剣に合気道を稽古されて来た先生方や、そうした先生で力は必要はないと言う先生も、皆若い頃は鍛えています。

 

 

もし力がなければ?

もし合気道に力が必要ないとして、筋力がどんどん衰えていったらどうでしょうか?

 

猫背で背中が丸くなるどころか、ヨボヨボになって歩くことも、起き上がることも困難になります。それで果たしていいと言えるのでしょうか?

 

年配の方でも健康的な方は、そうでない人と比べ、筋力があり体力があります。また今の子供は体を鍛えていないため、背中が丸く、体力もなく不健康です。

 

背筋が伸びた体、元気に動ける体になるには、筋力がいります。

 

ただむやみに筋肉を付けることは、却って姿勢が悪くなったり、筋肉が硬くなるなど逆効果になる。

 

そうならないのであれば、力があるのとないのとでは、どちらがいいかは明白です。

 

合気道で重要なことは、無駄な力を使わないことです。

 

 

脱力の誤解

合気道で重要なことは、力まないこと、リラックスすること、また脱力することです。

 

その時にふにゃふにゃに力を抜くことが脱力だと誤解されますが、仮に全部の力を抜いてしまえば、立つことすら出来なくなります。

 

そうではなく必要な所は力を残しておく。

 

そうした力の使い方が、一流のアスリートの力の使い方であり、合気道で求められる力の使い方です。

 

 

若い頃の肉体の鍛錬

合気道修業

 

年齢によってどういった稽古や鍛錬をすべきかは当然変わりますが、合気道の達人、塩田剛三先生の著書「合気道修業」に、若い頃の肉体の鍛錬について、非常にわかりやすく、また達人ならではの視点で書かれています。

 

以下引用。

 

 

植芝先生は、バーベルを挙げたり、ベルトを引っ張ったりするような運動を見て「あんなものは本当につまらない運動だ」とおっしゃってました。

 

そして私たちにも「ああいうことをやるな」といつも言っていたのですが、じつは私は一人になると、いろんな運動で体を鍛えていたものでした。

 

なにしろ若さに満ち溢れていたころですから、エネルギーがあり余っています。それに強くなりたい一心でしたから、やれるだけの鍛錬をやって体をいじめ抜かないことには、気がすすまなかったのです。

 

今にして思えば、そうやって自分の限界に挑むことによって、同時に精神力を鍛えていたわけです

 

だから、腕立て伏せなんかも毎日ガンガンやっていました。二百五十回くらいは軽くこなしていたものです。

 

懸垂もその気になれば三百回はできました。片手懸垂なんかは朝飯前です。

 

中略

 

こんな具合に、私にも力を誇っていた時期があったのです。そのころは技をやるにしたってギュウギュウと力ばかり入れていました。

 

私だけに限りません。植芝道場には大本教の関係で、いつも若い連中が、二十人ほどいましたので、彼らとどんどんぶつかり合っていました。

 

しかし、修業時代というのはそれでいいのです。若い人に力を入れるなと言ったって、自然に入ってしまいます。それが若さというものです。それをむりに抑え込んだら、稽古になりません。

 

大切なのは、やはりその時点においてのベストを尽くすということです。自分の肉体と精神を限界まで追い詰めていって、自分自身を納得できるところまで鍛錬しないと、本当に大切なものを体に消化できません。

 

中略

 

若いうちは、とにかく肉体を徹底的にいじめてみることです。そうした中から、自分というものがわかってきますし、精神的な強さが身についてくるわけです。

 

そうして、年を取っていくうちに、次第に力が抜けていきます。そうなったとき初めて、筋力に頼らない呼吸力というものの効果を実感することができるのです。

 

ただし、それも若いころの徹底的な鍛錬があったからこそ、そこまでたどり着けるわけで、最初から力を抜いた楽な稽古をやっていたのでは、何も生まれません

 

植芝先生も、私たちには力を使うなと言っていましたが、本当は若いころに相当鍛えているわけです。その下地があったからこそ、晩年のあの神技ともいえる境地へたどり着くことができたのだということを忘れてはなりません。

 

合気道修行 塩田剛三著 竹内書店新社 172項

※装飾は管理人

 

 

開祖は力はいらなくても凡人にはいる

開祖は80歳を過ぎた頃、

 

「わしは以前には”力”があり過ぎたが、体力的”力”を使わなくなった今が、本当の合気の道に入ったのだ」とおっしゃっています。

 

そんな晩年の開祖に近づければ理想ですが、それどころか50代の開祖、40代の開祖、20代の開祖にも届かない人がほとんどです。

 

それを神がかり的な開祖が、長年の修業を得て80歳でその境地に至ったものを、凡人が最初から力を使わない晩年の開祖の合気道が出来るでしょうか?

 

 

開祖の肉体

・父与六は米俵二俵を天びんにかけて、それを両手の小指で何回も上げ下げするほどであった。曽祖父の吉右衛門という人は、紀州藩の代表として上京し、将軍家の御前で力試しを上覧に供したこともある豪のものであった。そういう血を受け継いで生まれてきている。

 

・30代、40代、50代は非常に体が頑健で、横の巾も並みの人ではなかった。

 

・五尺一寸五分の短軀ながら二十二貫もあるという、まるでタンクのような体格で、器械体操はいうに及ばず、速馳け、運搬に至るまで、隊中二番は下ったことはない。

 

 

開祖の力の強さ

開祖は大変な力持ちだったとして知られています。ウエイトトレーニングで鍛えた筋力とは違いますが、決して軟弱な体ではありません。

 

合気道をやっている人で、開祖のような力を持った人は一人もいないので、もしそうした力を手にした人は、合気道の本当の技がわかるのではないでしょうか?

 

開祖の力持ちだったエピソードをいくつか紹介します。

 

 

開祖が大まさかりを使っていた話

武術できたえ、軍隊できたえ、人一倍体力の旺盛である盛平などは、自然木の巨木に向かっては、土佐鍛冶に特別に注文してつくらせた一貫匁(約四キロ)の大まさかりをふるって伐採に当たった。

 

普通の人には、せいぜい二百匁(一・五キロ)前後のものしか使えないのだ。

 

合気道開祖植芝盛平伝 「武の真人」 砂泊兼基著 

たま出版32項

 

 

開祖がモッコを運んだ話

ある日、盛平が造園課の土運びの手助けをしたとき、モッコを山盛りにして運ぼうとすると、片棒の相手はすぐにへばってしまうので、誰も相手になりてがない。

 

それに信仰団体の奉仕であるから、足並みそろえて皆同じように運んだ方がよいという者もあって、仕方なく同じ量で少しずつ運んだが、盛平にはまるで子供のママゴト遊びのようである。

 

ある奉仕者の婦人と相棒になってモッコを担いだとき、夫人が後棒、盛平が前棒を担いで歩き出すと、婦人がキャッと声をたてるので、どうしたのかと振りかえってみると、その婦人もモッコの土もろとも持ち上がったままだったというような珍談もあった。

 

合気道開祖植芝盛平伝 「武の真人」 砂泊兼基著 

たま出版 72項

 

 

開祖が木を引き抜いてしまった話

内弟子の湯川勉氏は大力で、仰向けに寝て片手で石臼を楽に持ちあげられるほど、その腕力は抜群でした。

 

ある日、その湯川氏が合宿先の庭にあった直径十センチくらいの木を一生懸命抜こうと顔を真っ赤にして頑張っていましたが、根が深いと見えて中々抜けませんでした。

 

これを見ておられた植芝先生は、「湯川、なにをしておるんや、ちょっとかしてみい」とつかつかと木の傍に寄られ、ぐっと抱えると木はヒョイと抜けてしまいました。

 

これにはさすがの湯川氏も兜をぬぎ、「先生にはかなわぬ」といいました。

 

あまりに簡単に抜かれたので、私も同じような木に試してみましたが、どうしてどうしてビクともしませんでした。

 

地に根が生えたという形容通りでした。

 

先生はそのように凡人ではなく、世間では産神(うぶすなのかみ)といわれた通り、人間わざでは到底できぬことをやられる方でした。

 

合気道人生 竹内書店新社 著 塩田剛三 77項

 

 

開祖が大木を一人で動かした話

四十代の頃と思われるが、三十人で動かせない大木を一人で動かされたことがあったという。それを実際に見た多くの人がいる。

 

昭和三十六年(1961年)に御来熊の際に、御食事のあと雑談に入った折に、筆者が翁にお尋ねしたのである。

 

「大先生(翁のこと)が三十人で動かせない大木を、お一人で持ち上げられたとのっことですが、どのような状態でしたか」と。

 

翁は、爪楊枝を持たれて、

 

「このようなものだった」

 

と言われたのである。

 

爪楊枝を持つように軽かったということである。これは翁に霊がかかって力を貸されたのである。霊力で大木を持ち上げられたのである。

 

合氣道で悟る たま出版 著 砂泊諴秀 90項