合気道で必要なもの

・道着

柔道着のような合気道着を着ます

 

合気道着の特徴は、胸襟などを引っ張られても、破れない様な作りになっているのと、合気道は座って技を行ったりもするので、膝が直ぐに破れない様に、膝の部分が厚く作られています。

 

また色は白い道着を着ることが殆どですが、道場によっては違う色の道着を着ることもあるのと、道着の指定があることがあります。

 

 

 

空手着は、薄く作られている分動きやすく、洗濯した時に乾きやすいです。そのため師範用の少し厚手の空手着を好んで着る人もいます。その反面、生地が薄いもの程、引っ張られたりした時に破れやすいのと、膝の補強がないため、座り技などを行うと、膝が破れやすいです。

 

柔道着は、空手着より生地が厚く丈夫な作りですが、腕を上げることが少ないため、腕を上げる動作がしにくいものがあるのと、合気道着ほど膝の補強がなく、乾きにくい特徴があります。

 

 

もし買う場合は、洗濯すると生地が縮むので、少し大きめのものを買うといいですが、既に空手着や柔道着があるのであれば、最初はそれで十分です。

 

旭川で道着が欲しい場合は、インターネットで購入するか、矢島武具店で道着が販売されています。

 

 

 

・袴

 

一般的には、男性は初段から、女性は3級から履くことが多いですが、道場によっては初心者から袴を履く所もあります。

 

 

 

 

 

・木刀、杖

 

合気道は体術だけではなく、木刀や杖も使ったりします。

 

しかし道場によっては、先生の考え方やスペースの関係などから、使わない所もあります。