合気道の受け

合気道では技をかける側を「仕手」または「取り」、技をかけられる側を「受け」と呼んでいます。多くは「受け」が、手首を持ったり、突きなどの攻撃を行って、「取り」が技をかけ、「受け」が受け身を取ります。

 

合気道は何が何でも相手を投げ飛ばしてやろうとか、何が何でも投げられない様に耐えようとするものではありません。

 

一般に技をかける側に意識が行き、技を覚えることに気が囚われてしましますが、技をかけられる側の受けも、受けの取り方を学ぶ必要がありますが、最初はそれが中々分かりにくいものです。

 

そのため「受け」について、簡単に説明します。

 

 

合気道は勝ち負けではない

合気道は勝ち負けを競うものではなく、相手と一つになる事を目指して稽古をします。そのため受けを取るにも、相手と争って受けを取るものでもありませんし、また負けたから受け身を取るものでもありません。


例えば相手の技が効いていないと思って踏ん張っていたり、無防備に突っ立っていたのでは、隙だらけとなり相手に攻撃されてしまいます。そのため相手に攻撃されない様に、受けを取ったりします。


また技をかけられて受け身を取るのは、負けたからではなく、次の攻撃に備えるためです。


受けと言う言葉が、消極的、負けるようなイメージがありますが、合気道は勝ち負けを競うものではないのと、受けであっても、負けではありません。



受けは相手を受け入れる

受けは相手の技から逃げるのでも、対抗するものでもありません。相手の技を受け入れることが、受けになります。

 

 

相手の正面に打つ

正面打ちの技の稽古をする場合、相手の正面に対し、真っ直ぐ打ち込む必要があります。突きにしても相手の正面に真っ直ぐ打ち込まなければなりません。

 

これが初心者の場合、当てては危ないからと、相手がいない横に打っていったりしがちですが、それでは避ける必要がありません。またこれから稽古する技の稽古にならないので、正しく打ち込む必要があります。

 

もし不安な場合は、あくまで正面に対してゆっくり打つ、また当たりそうな時には、寸止めをすると言うように行えば、安全に受けも取りも効果的な稽古が出来ます。

 

 

力の出し方で技は変わる

合気道が上手くなれば、どんなに力を入れても倒せるようなイメージ、また逆に力を入れて倒せないのであれば、技が出来ていないイメージがあります。


しかし間違ってはいけないのが、どんな状況においても、一つの技で相手を倒したり、投げたりすることは出来ないという事です。


例えば相手が押してきた場合、引いてきた場合では全く技のかけ方は異なります。


そのためこれから決まった技を稽古しようとする時には、それにあった受けの仕方、力の出し方をしなければ、その技の稽古が出来ません。


これから行う技の受けは、どういった受けを取らなければならないのかを、考える必要があります。



手首の持ち方だけでも技は変わる

片手取りのように相手の手首を掴む場合、相手の手首を掴みさえすれば、全部同じであるかのように思ってしまいますが、どういった持ち方をしているかは重要な問題です。それによってかける技が変わるためです。


例えば相手の手首を横から持つ場合、上から持つ場合、また下から持つ場合全部かける技は違い、その他にも上から押さえつける力、引く力、押す力など力の出し方によっても、変わってきます。


その技に合わせた手首の持ち方、力の出し方が必要です。



受けも奥が深い

多くは技を稽古する方に一生懸命になりますが、受けも非常に重要で奥の深いものです。

 

また受けが分かれば、仕手が分かってきますし、逆に言えば受けが分からない限り、仕手、または合気道の技の理合いが分からないとも言えます。