合気杖

素振り

・その場直突き

 

・一歩前進突き

 

・左体転突き 相手の杖を押さえ、相手がそれに逆らい突いて来るのを左体転に捌き突く。

 

・右体転突き 相手の杖を押さえ、相手がそれに逆らわず、下から突いて来るのを右体転に捌き突く



開祖から最も長く指導を受けた斎藤守弘先生。

また武器稽古を受けることの出来た数少ない先生の一人です。

 


ニ十本の素振り

突きの部 五本

直突き、返し突き、後ろ突き

 

突きからの変化

突き下段払い、突き上段返し

 

打ち込みの部 五本

正面打ち、連続打ち込み、面打ち下段返し、

面打ち後ろ突き、逆横面後ろ突き

 

片手の部 三本

片手下段返し、片手遠間打ち、片手八字返し

 

八相返しの部 五本

八相返し打ち、八相返し突き、八相返し後ろ突き、

八相返し後ろ打ち、八相返し後ろ払い

 

流れ返しの部 二本

左流れ返し打ち、右流れ返し突き



十三の杖

三十一の杖

型で行う場合は、最後は最初の位置に戻る。組み杖とは少し違う。

 

組み杖では15と16、20と21、25と26がそれぞれ1つになる。

 

練習のために型は31の動作で稽古する。