他の合気道道場との違い

一口に合気道と言っても、空手などの武道や格闘技の様に、道場によって、考え方、指導方針、運動量、雰囲気などは全然違います。

 

また合気道にしても、大変素晴らしい先生や、道場もあれば、自分に合わない道場もあるので、自分がやりたいこと習いたいことなど、自分の目的、自分に合った道場を探して、行かれることをお勧めします。

 

 

気軽に参加できる道場

合気道道場の中には、何らかの制約や制限、入門時に面接をする、稽古参加日数を数え、参加を強制する、と行った所もありますが、旭川合気道会は、そこまで武道的に行っていない為、誰でも気軽に稽古できます。

 

稽古の参加も、毎月札幌まで熱心に指導を受けに来てくれる人から、仕事などの関係によって、木曜日だけの参加、月1~2回程度参加のように、皆さんそれぞれですが、完璧主義にならず、自分の通えるペースで続けて貰えればいいです。

 

 

女性にも優しい稽古

稽古の内容は、武道的に激しい稽古、厳しい稽古といったものは行っていません。

 

合気道の道場でも、激しく投げつけたり、痛めつけたりする道場もありますが、旭川合気道道場の参加者の多くが、武道未経験で合気道初心者の女性が多いこともあり、女性でも安心して楽しく稽古が出来る様、柔らかく、体に優しい稽古を行っています。

 

 

理合いを重視

合気道は今まで経験して来たようなものとは違い、単純なものではなく、非常に奥が深いものです。また元々秘密にされてきたこともあって、合気道をやっている人であっても、余り意味が分からずに取り組まれていることが、多かったりします。 

 

旭川合気道会では、単に力で行ったり、スピードを付けて行うのではなく、技の意味や理合いを重視して、稽古しています。

 

     

力まず美しく

力で投げ飛ばすようなことは、強引さがあり、見ていても余りいいものではありません。理に適った体の使い方、技であれば、強引さが無く美しさがあります。

 

最近姿勢などについて言われることも少なくなり、体の使い方や所作が綺麗ではなくなって来ました。合気道で美しい体の使い方を身に付けて貰いたいと思います。

 

旭川合気道会のスタイルに憧れ、今までやってきた合気道のスタイルを捨て、取り入れてくれている道場もあります。

 

 

柔軟な発想

合気道にも色々流派がありますが、合気道に限らず自分の道場や、流派だけが正統であると主張している所もあります。旭川合気道会では、物事を柔軟に考えて行けることを目指しているので、人それぞれ目的は違い、またそれぞれに良さがあることから、いいものであれば、形や形式などに拘らず、尊重する考えを持っています。

 

 

気を付けて欲しい道場

合気道は、「先生の数ほど流派がある」と言われるぐらいに、先生によって教え方が違っていたり、流派もいくつかあったりします。

 

人それぞれ何をやりたいかという目的が違うので、自分に合っていればいいと考えていますが、それでも余りいいとは言えない道場もあります。

 

たとえば、初心者いじめを自慢話の様にホームページに載せていたり、また指導料を無料だと謳っていながら、後から料金を請求するような所もあるようで、そうした所は余りいいとは言えません。

 

また虚言癖や、分裂気質の人がいたり、そのために皆次々と辞めて行ったり、先輩から意地悪されたりすることもあるそうです。

 

合気道が上手いとか下手とか、また合気道の考え方や指導方針の違いなどもありますが、中にはそれ以前に、そうした所もありますので、気を付けて下さい。